HOME > 不動産英語・用語集 > 

アームズレングス取引(Arm's length transaction) とは

一般取引でも使うことがあるようですが、不動産でも、出てくるのが、この、アームズレングスという言葉。

知らなければ、ちんぷんかんぷんだと思います。

具体的には、「お互いが、無関係な取引相手間の取引」。より、わかりやすくいうと、つまり、「一般取引」ですね。

これに対し、例えば、家族間で名義書換だけをしたとか、わざと割安で売ったとか、あるいは、競売といった売買形式が、アームズレングスではないわけです。

物件の査定では、アームズレングス取引だけを、通常、比較の対象にします。

ただ、最近の競売や特殊売買の流通量の増加で、その大原則が、守りにくくなっているという状況が、一部カルフォルニア、ラスベガスやデトロイトのような競売が多いエリアでは、出てきています。

これは、査定の性質というか、定義上、「直近近隣売買歴」というものさしに依拠することが理由で、景気が良くなれば、こうした、例外的な取引がされなくなりますから、それだけで、必然的に改善されます。

中山からのお願いです。
記事がお役に立ったら、下の2つのボタンをクリックし、ブログに投票してください!
人気ブログランキング にほんブログ村  海外生活ブログ アメリカ情報へ
ご協力お願いします。
中山道子メルマガ登録URL
お名前
Eメール
Eメール(再)

ご登録は無料で、解除は、随時可能です。
最近の配信例は、こちらから。大体、月1度くらいの配信です。

*********

メール配信解除
ご登録のメールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
登録メールアドレス

≪ 一つ前のページに戻る ≫


このページの▲TOPへ戻る