HOME >  

不動産英語・用語集

不動産投資用語集。アメリカ不動産に関する英語も解説。知っておくと便利な専門用語・業界用語・語彙など。まずは、こちらの動画から!



2009年6月から、不動産英語を教えるための隔週の輪読会も始めています。オーナーさまのみならず、外資系金融機関勤務者様や、日本で、外国人相手の不動産業進出に興味をもたれる業界の方、また、外国人(通常う米国人)の配偶者をお持ちの方など、広い範囲の方にご支持をいただくようになりました。

英語塾では、わかりやすい入門の不動産投資テキスト(とはいっても米国人向けですが)として利用し、皆さんで、大体の意味を取っていきます。細かい文法というより、内容やコンテクストを理解したり、大意を取ることを目標にしています。現在使用しているテキストの中から、内容を取り上げた例は、下の動画から。



渋谷駅前で、土曜日午前中に行われている中山道子の英語塾詳細については、さらに、こちらから、詳しくごらんいただけます。

 ( 3 / 3 pages )

  1 2 3

米国(海外)不動産投資

アプレイザルレポートとは

アメリカの不動産というのは、市場価格をある程度、客観的に評価することができるという建前があって、普通の中古不動産売買でも、アプレイザルレポート、つまり評価書というか査定書をオーダーすることが当たり前にになっています。

  つづきを読む > アプレイザルレポートとは

リファイナンス(refinance、日本語でもリファイナンス)

アメリカでの投資手法は多様。銀行ローンの取捨選択や、リファイナンスも、れっきとしたそのひとつです。リファイナンスとは、平たく言えば、銀行のローン借り換え。

  つづきを読む > リファイナンス(refinance、日本語でもリファイナンス)

ノンリコースローン(non recourse loan)

日本で今、流行の兆し?があるノンリコースローン。

金融機関が、物件の担保力以外を要求せず、個人保証がないローンのことを言います。商業物件投資に典型的で、このため、逆に、個人のcreditworthiness(信頼できるか)に対する審査が通常、さらに厳しいようです。

  つづきを読む > ノンリコースローン(non recourse loan)

エスクロー(escrow)

日本では、定着していない概念ですが、ヤフオクに詳しい方は、聞いたことがあるかも。ヤフーのエスクローサービスとは、代金の支払いや商品の受け渡しを専門のサービス提供会社が代行するサービスのことです。

  つづきを読む > エスクロー(escrow)

弁護士 - Lawyer

アメリカでは、不動産取引に、弁護士を使う地方と、タイトルカンパニーを使う地方があります。

  つづきを読む > 弁護士 - Lawyer

Credit-クレジット、与信

日本語で、クレジットというと、クレジットカードのことしか、思いつかないかもしれません。アメリカで、クレジットがどういう意味を持つかを理解することは、不動産投資にとって、必要不可欠な知識です。

  つづきを読む > Credit-クレジット、与信

レバレッジ(leverage)

レバレッジというのは、てこの原理。最近、すっかり有名になった投資のコンセプトです。しかし、私は、このレバレッジについても、警鐘を鳴らしておきたいと思います!


ちなみに、オーディオファイルは、こちらから。

  つづきを読む > レバレッジ(leverage)

オプションリース契約 Lease Option

オプションというのは、株の先物というときにも使います。普通に英語でオプションと言うときは、「選択権」と言う意味です。

  つづきを読む > オプションリース契約 Lease Option

クロージング(Closing) - 契約履行

クロージングとは、契約に従った締結を行うプロセス自体。

  つづきを読む > クロージング(Closing) - 契約履行

ランドバンキング(land banking)とは

ランドバンキングとは、開発目論見で値上がりを狙う土地投資のことです。通常、土地は、物件がある不動産よりずっと安いので、開発という手間をかけることで、ぐっと値上がりを求められます。

日本語では、地上げといった悪いイメージで類似慣行を表現する場合がありますね。

  つづきを読む > ランドバンキング(land banking)とは

Condominium、コンド(マンション)

マンションの、それも、区分所有のことですね。

マンションの区画を購入するときは、日本同様、管理組合(Home Owner's Associationと呼ばれることが多い)による共有部分管理や積み立てなどに参加しないといけません。

それでは、いわゆる、apartmentとの違いは?

  つづきを読む > Condominium、コンド(マンション)

タイトルエージェンシー(Title Agency) - 名義書換代行会社

タイトルエージェンシー(Title Agency)。

これほど、日本人に説明しにくいコンセプトはありません。私も、5年前に、「何の意味か不明」だったときのことをよく覚えています。

  つづきを読む > タイトルエージェンシー(Title Agency) - 名義書換代行会社

エクイティとは何か equity

アメリカ不動産投資で、最も重要な概念のひとつ、それが、エクイティです。

  つづきを読む > エクイティとは何か equity

アプレイザー(appraiser、査定業者)

ローンオフィサーやインスペクターと並んで、投資のパートナーとなるのが、このアプレイザー。ずばり、物件の価格を査定してくれます。査定のことは、アプレイザル(appraisal)といいます。

  つづきを読む > アプレイザー(appraiser、査定業者)

レアルター(realtor)-不動産の営業さん

日本語で、不動産屋さんといえば、営業の人や、オーナーの人も含めることが多いと思います。

英語では、不動産の営業さんは、「レアルター」。


オーディオファイルは、こちらから、どうぞ!


でも日米では、このふたつ、根本的に状況が違います。

  つづきを読む > レアルター(realtor)-不動産の営業さん

管理組合 - Home Owner's Association (HOA)

典型的な、gated communityの例

gated community

日本では、管理組合と言うと、マンションのことだけを思います。
しかし、アメリカでは、condominium (condo、コンド。日本で言う区分所有、マンションのこと)だけでなく、高級な一戸建てのsubdivision(区画、デベロッパーが一手に取り仕切る)については、gate、つまり、出入り不自由な門をつけて、高級感を出します。

  つづきを読む > 管理組合 - Home Owner's Association (HOA)

値上がり、appreciation

不動産用語で、値上がりは、アプリシエーション、appreciation。

こちら から、音声ファイルもダウンロードしていただけます。
(※クリックすると音声が出ます。ボリュームにご注意ください。)

  つづきを読む > 値上がり、appreciation

ローンオフィサー(Loan Officer)-融資担当者

アメリカで、ローンをとってきてもらうときに相談するのが、ローンオフィサーですが、これを、融資担当者と和訳すると、「意味がわからない」ことが出てきます。

というのは、日本では、通常、融資担当者と言うのは、「何々銀行」の従業員。

それが、アメリカでは、ローンオフィサーと言うのは、金融機関からは、独立した第三者なのです。


別の説明をして見ましょう。

  つづきを読む > ローンオフィサー(Loan Officer)-融資担当者

不動産英語・用語集

 1 2 3

« 無料公開資料 | HOME | ラスベガス物件投資 »


このページの▲TOPへ戻る