アメリカ不動産投資

【 初めての方へ 】

こんにちは、中山道子です。
私は、2002年以来、アメリカに投資をしてきました。


初めての方は、 私のHPをご来訪ください。

このブログ自体は、過去7年にわたる累計記事がそのまま残っているので、最新状況がわかりにくい場合があります。リサーチは、左の検索窓からどうぞ。2014年現在の私は、1,000万前後からの資金を効率よくまた簡単に高利回りで運用する投資を数多く手がけています。


現在の投資スタイルにご関心がある方は、下の実例集サイトをご来訪ください。
画像の説明文

2014年現在、米国では、不況を徐々に脱しつつあります。今後、投資シーンは、一変するでしょう。海外投資にご関心がある方は、不動産や金融のプロの購読者をも多数抱える私の無料のメルマガに登録され、アメリカ不動産投資についての情報収集の一助とされてください。また、最新の体系的情報を一挙に手っ取り早くご理解されたい方は、2014年セミナーダウンロードをご利用ください。

中山道子メルマガ登録URL
お名前
Eメール
Eメール(再)

メール配信解除
ご登録のメールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
登録メールアドレス


【 最新記事 】

HSBC香港の銀行口座は、郵送で開設できるってご存知でしたか?

家賃3万4,000円のマンション住まいの中山道子です。皆さんは、旅行はお好きですか?私は、仕事柄、旅行をよくしますが、最近は、必要性が低い場合は、あまり旅行しないで、効率よく動くことを、意識して目標にするようになりました。今回、郵送で、香港のHSBC口座開設の準備を進めていますので、ご参考までに、この記事をアップします。
,

hsb12.jpgHSBC香港のPDF式申請書類。HPからダウンロードしました。

  つづきを読む > HSBC香港の銀行口座は、郵送で開設できるってご存知でしたか?

資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その3

前編はこちらから
中編はこちらから


2014年秋の中国国内での「ダウンサイジング引越し」の顛末記です。生活費を2百万円程度に抑えるための私の奮闘記を、お楽しみください。

IMG_5423_R.JPG子供の学校

  つづきを読む > 資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その3

資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その2

この記事は、こちらの記事の続き、中編です。


さて、今回、生活費の目標を200万と立てた私、いろいろ計算して、以下のような内訳となりました。

  つづきを読む > 資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その2

資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その1

中国在住の対米不動産投資家中山道子です。中国には、3年滞在しましたが、賃貸契約切り替えをきっかけに、引越しをしました。今年、思うところがあって、「生活費200万」という目標を掲げました。それを実現するために、行ったこの引越しの顛末を、ご紹介します。

IMG_7514_R.JPG

  つづきを読む > 資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その1

水には、何種類もの温度がある 

中国在住の対米不動産投資家の中山道子です。

2014年現在、民間レベルでは、対日感情は安定しており、最近、日本旅行に行く方も、周囲に多いです。

日本の観光業にとっても、中国や東南アジアの観光客の誘致は、重要な課題ですよね。しかし、この前、興味深い記事を読みました。

「まだまだ、努力をしなければならないことがある」

ということを思い出させてくれるお話です。


  つづきを読む > 水には、何種類もの温度がある 

恐怖のハロウイーンINデトロイト

2014年10月、今週末は、アメリカ式に言うと、ハロウイーンでしたね。

中国でも、最近、ハロウイーンを楽しむ風習ができてきて、うちのマンションでも、階下にある英会話学校が主催で、小さいお子さんたちが親御さんたちと列を作って歩いていました。

子供の学校でも、ハロウイーン・パーティと合わせて、チャリティーバザーというものを主催してくれました。子供たちが中心になり、寄付目的で、自宅から中古品を持ち寄ったりして、、、とても楽しかったようです。

政治的には、こちらでは、香港問題に関連し、皆さん、昨今、「米国の干渉」に頭にきているご様子ですが、こういうアメリカ文化のソフトパワーの普及力には、脱帽するしかありません。

わが日本が、ソフト・パワー(文化力)を東南アジアに波及させられた全盛期というのは、終わり始めているように見えるので、なおさら、この中国と米国の濃密な愛憎関係には、メガテンです。


  つづきを読む > 恐怖のハロウイーンINデトロイト

画期的なPM2.5対策が中国で登場! それは、、、扇風機!?

中国在住の中山道子です。私の住んでいるのは、山東省のチンタオというところですが、ここを選んだ理由は、いくつかあります。

■ 世界銀行の中国都市ランキング
■ 中国大都市の空気清浄度ランキング

この二つを掛け合わせ、一番上に来たのが、チンタオでした。

  つづきを読む > 画期的なPM2.5対策が中国で登場! それは、、、扇風機!?

2013年6月投資のB通り案件が、この度、償還決定

米国在住者のP様の初回のご投資案件、B通りのお話です。

投資額 9万5,000ドル
投資日 2013年6月28日
利率  12%固定
償還日 2014年11月7日予定
金利額 15,553.97ドル
償還額 110,553.97ドル


再投資のご用命を頂戴しております。


georgian_R.jpg


  つづきを読む > 2013年6月投資のB通り案件が、この度、償還決定

ご質問: 投資案件はどのようにして紹介してもらえますか?

中山さま

Qと申します、
いつもブログを拝見し、勉強させていただいております。

さて、先日ブログの中で、「投資情報速報」がでていました。
実際には、8月29日(?)のメルマガの配信事例のようですが、この下記の融資はまだ募集中でしょうか?

  つづきを読む > ご質問: 投資案件はどのようにして紹介してもらえますか?

移民の動向から目が離せない!

しばらく前に「この記事について、コメントしよう」と思いながら、忘れていたら、その間に、2ヶ月たっていましたが、、、私のブログは、ニュース性がどうせないので、気にせず、取り上げようと思います!

ということで、どの国でもホットな「移民」の課題。

米国の人口増加、不動産にとってより具体的に意味があるかもしれない世帯数増加についてみてみると、今後、増加の多くは、属性的に、

■ 高齢者世帯増加
■ マイノリティ世帯増加
■ 移民世帯増加

から登場することが、ほぼ予測されています。

  つづきを読む > 移民の動向から目が離せない!

メルマガ配信事例 米国居住者様向け特集号

私の独自配信メルマガ、2014年9月12日号をサンプルとして、掲載させていただきます。

米国長期在住者様からも、高い評価を受けております。


  つづきを読む > メルマガ配信事例 米国居住者様向け特集号

メルマガ配信事例 投資額4万5,000ドルの鉄板案件配信号

2014年8月29日付けのメルマガ配信事例です。このときは、投資案件の募集をいたしました。

  つづきを読む > メルマガ配信事例 投資額4万5,000ドルの鉄板案件配信号

米国に与信がある方は、クレジットレポートを無料で手配できます

米国の与信制度というのは、日本と比べても、ずっと厳密です。

なんとなく、欧米社会というのは、みんなが個人主義を謳歌し、自由にのびのびと生きているのかという気もしますが、実は、米国の仕組みは、日本なんかより、ずっと細かく人をランク付けする綿密な管理体制により支えられています。

それが、クレジット(与信)システム。クレジットスコアでいうと、大体、700くらいからが分水嶺で、それ以上は、790だろうと、830だろうと、扱いは、大して変わらないようです。

ただ、このシステムに乗りたいと思う人と、落ちこぼれている人の二元社会が存在している、というべきでしょうか。

  つづきを読む > 米国に与信がある方は、クレジットレポートを無料で手配できます

HSBCのエクスパット調査 2014年

今日は、アメリカ不動産投資とは関係ないですが、面白い資料を見ましたので、ご案内してみたいと思います。それが、

HSBCのエクスパット調査2014年版

EXPATとは、EXPATRIATE、自国ではないところで働いている人のことを指す言葉です。駐在員ですね。

この駐在員快適度調査、結構10年以上続いているらしく、ネットでは、2009年のものから、現物レポートを見ることができました。


  つづきを読む > HSBCのエクスパット調査 2014年

大家さんの苦悩 修理代が不明瞭!

昨日は、こんなお便りを頂戴しました。

遠隔の物件の修理の悩みです。

  つづきを読む > 大家さんの苦悩 修理代が不明瞭!

投資家志願者が、普通の生活をしてはいけないこれだけの理由

このブログには、投資資金のない方や、若い方も、多く、ご来訪くださいます。「お金もありませんが、あこがれます。どうしたらいいのでしょうか?」という方も、おいでです。なので、少し、先輩ぶって、今日は、偉そうな口をききます。

今日の記事は、投資家のライフスタイルについて。

投資家希望者の方にいいたいことは、

■ 普通の生活なんかするな
■ ファイナンシャル・プランナーのいうことを聞くな

です。私自身も、この節約スタイルで、投資の資金を作って今日に至っています。

  つづきを読む > 投資家志願者が、普通の生活をしてはいけないこれだけの理由

米国不動産投資と銀行口座

対米不動産投資家の中山道子です。不動産投資においては、お金のやり取りが重要な役割を演じますね。正確性は、当然で、重要なのはスピード。海外送金の場合、通常、2営業日で着金しないと、決済に差し障る場合があります。


《この記事に書いてあることは、エピソード的な話が中心で、個別の銀行について、最新の情報をご提供することを保証するものではありませんので、必ず、ご本人で、その時点での情報を別途収集されてください。》

  つづきを読む > 米国不動産投資と銀行口座

キッチン論争は盛り上がる! リテールにおける末端消費者の声

昨日は、ふとしたFB投稿が、記事に発展した「料理しない人が設計したキッチン」論争。 記事は、こちらから。


前編 男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い?
後編 男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 後編

問題となったのは、このキッチン!

  つづきを読む > キッチン論争は盛り上がる! リテールにおける末端消費者の声

男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 後編

こちらの記事の後編です。


さて、ということで、今回の物件の状況のスライド・ショーは、こんな感じです。

こうやって見て見ると、このシャープで、重厚なイメージ、質実剛健で機能的な空間、、、そう、まるで、BACHELOR PAD状態。 (独身男性が、パーティーなどする、生活感がない居宅) しかも、パーティーするというより、少し年齢が上の、落ち着いた独身男性をイメージしているかのような、、、汗

  つづきを読む > 男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 後編

男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 前編

対米不動産投資家の中山道子です。私が、最初、投資における男性脳・女性脳という言葉に触れたのは、友人の尾浦英香さんのおかげかもしれません。

尾浦さんは、不動産関係のコンサルタントの先生なんですが、彼女は、男女で、購買パターンが異なるということを、不動産における賃貸客付けにおいて意識する必要があるという指摘を長らくされてきています。

彼女のブログの記事の例を、ひとつ、よければ、参照してみてください。

  つづきを読む > 男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 前編

語学力や国際的な高学歴と、社会的な成功の関係 インタビュー1

《米国不動産と全然関係ないポストです。SNSで考察してみたら受けたのでそのまま転載します。今、中国は、国慶節で、のんびりモードです。》


この年齢になると、バランス感覚や精神的成熟というものには、それ自体、重要な経済的・資産的価値があることがわかってきた。最近、若い人と話すときの私の悪い覗き趣味が、「キャリアデザイン」。

《意味なく高学歴な人間》が多いので、子供の将来や学費を考え、周囲の例をケース・スタディー化して、MYデータベースに収録し、効率よく学費投下するためのモデルを作る一助にするのだ。← 《品が悪いが、一銭もかからず、実益大の趣味》

この前チンタオで話したフランス人女性(23か24)は、フランスで大学に行き、奨学金を取り、京都の大学でも、国際経済学を1年勉強した。ただし、日本での勉強は、英語だったので、日本語はできない。今度、またべつの奨学金を取り、こちらで中国語の勉強をしている。今は中国滞在二年目で、今年は、奨学金がないので、ピーピーだという。

  つづきを読む > 語学力や国際的な高学歴と、社会的な成功の関係 インタビュー1

アーリー・リタイヤライフの資産管理術はライフスタイルの断捨離から

中国在住の対米不動産投資家中山道子です。

自営業の人間にとって、リタイヤの定義は、なんなのでしょうか。サラリーマンなら、会社を辞し、別の会社に再就職せず、貯金や資産で生活する方のことでしょうか。

私の場合の自分自身の投資家業の実態は、普通のリタイヤの方の資産管理程度のものかと思います。投資家様向け相談ももちろんやっていますが、事務所や従業員を抱えているわけではないですから、そうすると、24時間をどう使うかは、基本、100%自分次第。子供と過ごせる時間も長く、ママ友は、専業主婦ばかり。運がいいとしか、いえないわが身ですが、しかし、逆に、「何でもOK」なため、それでは、なにが自分にとって最適なコースなのかという問題は、なかなか、難しいです。

そもそも、「もっと働けば、もっと稼げるはずだ」という考えもあるはず。お金はあって困る人はいないでしょう。幸か不幸か、私の周囲には、私のような立場の方は、あまりいないので、最近は、オンラインで、アーリー・リタイヤ組の資産管理術や時間配分、考え方を参考にするようにしています。

  つづきを読む > アーリー・リタイヤライフの資産管理術はライフスタイルの断捨離から

アジア移住は、高い! が新時代の常識に

中国在住の対米不動産投資家の中山道子です。この前、ふとしたきっかけで、現地の日本人学校のHPを見たら、「経営が苦しいため、値上げ」ということでした。

入学金は、1万5,000元。2014年現在の相場で、25万円です。

また、学費は、月間5,000元。どうやら、学期ごとではないらしく、たぶん、お休みの月は、払わなくていいのかとは思いますが、現地並みのお休みで、9ヶ月なのだとすると、4万5,000元は、なんと、年間、74万円になります。これに、通学バス代が付け加わるわけで、細かくは知りませんが、学校関連費用は、100万が目標と見て間違いないでしょう。

  つづきを読む > アジア移住は、高い! が新時代の常識に

空気の悪い米国の首都圏ってどこ?

米国は、通常、空気がよさそうなイメージ。実際、多くの場所ではそうなのだと思いますが、例えば、一昔前のロサンゼルスなんかは、人体に影響があるほど、空気が悪かったといわれていたことがあります。

現在の米国の都市圏で、人口的な汚染による空気の悪いところって?という統計があったので、ご紹介します。

  つづきを読む > 空気の悪い米国の首都圏ってどこ?

不動産価格は上昇していますが、その実態は

コップの中の水は、「半分しか入っていない」ものなのでしょうか?それとも、「もう半分も入っている!」のでしょうか?

禅問答ではなく、これが、今の米国不動産の状態。

2011年から、サンフランシスコの不動産を、ZILLOWで見ると、物件価格の中央値の70万ドルは、90万ドルに。

sanfrancisco.jpg

米国不動産投資コンサルタントなら、自分もやり、周囲のお客さんにも、紹介していただろうって?

  つづきを読む > 不動産価格は上昇していますが、その実態は

中山道子に連絡する

※お問い合わせの前に、  で、探してみてください。

※念のため、 「 よくある質問 」 も、ご覧ください。
※複雑なご相談の場合は、お電話番号をご併記ください。
※ときどき、メールアドレスの入力間違いが見受けられます。
※2-3日しても返信がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせ願います。
※ご相談の内容によっては、 「 お返事できないこと 」 もございます。ご理解ください。
※ご相談に対するお返事や、論評を、匿名の実例ケースとしてブログで取り上げる場合がございます。

メール送信先: メールアドレス

  > メールフォームは、こちら



相互リンク募集中

当サイトでは、相互リンクをして頂けるサイト様を募集しています。
ジャンルは、
[不動産] [投資一般] [アメリカ情報] [海外生活] [英語]
となります。以上のページにリンクを掲載します。
詳しくは、お申込み方法をご覧ください。
なお掲載に先立って、形ばかりですが、簡単な審査を行っています。
サイトの内容によっては、ご希望に添えないこともあります。



当サイトへのリンクについて

当サイトは、リンクフリーです。サイト内の各ページに、自由にリンクして頂けます。
ただし、著作権は、すべて「中山道子」に帰属します。
よって、引用される場合には、「リンクの掲載」が必須条件となります。



中山道子のメールマガジン

私は利回り40%物件も持っています。あなたは最初から「この程度」と、あきらめていませんか?日本在住にもかかわらず、アメリカで利回り20%以上の物件に複数投資している中山道子のノウハウを公開。
  ↓  ↓  ↓

無料メールマガジン
『 利回り20%以上のアメリカ不動産投資! 』

 無料講読 ID: 0000238455
  
powered by まぐまぐ

無料メルマガ配信スタンドの 「まぐまぐ!」からお送りしています。
いつでも配信を停止できます。
費用は一切かかりません。
詳細は「まぐまぐ!」の規約をご覧ください。


このページの▲TOPへ戻る

mag1/2/3