アメリカ不動産投資

【 初めての方へ 】

こんにちは、中山道子です。
私は、2002年以来、アメリカに投資をしてきました。


このブログ自体は、2007年以来の累計記事がそのまま残っているので、最新状況がわかりにくい場合があります。

初めての方は、 私のHPをご来訪ください。

ブログ内記事のリサーチは、左の検索窓からどうぞ。複数の単語を入力される場合は、スペースは半角にしてください。


現在の私は、1,000万前後からの資金を効率よくまた簡単に高利回りで運用する投資を数多く手がけています。現在の投資スタイルにご関心がある方は、下の実例集サイトをご来訪ください。

画像の説明文

現在、米国では、随所で、景気回復の指標が出ていますが、格差問題には、歯止めがかかりません。今後のパフォーマンスは、いかに、地雷を避けて、安全堅実な投資機会を見つけられるかにかかってきます。海外投資にご関心がある方は、不動産や金融のプロの購読者をも多数抱える私の無料のメルマガに登録され、アメリカ不動産投資についての情報収集の一助とされてください。また、最新の体系的情報を一挙に手っ取り早くご理解されたい方は、2014年セミナーダウンロードをご利用ください。

中山道子メルマガ登録URL
お名前
Eメール
Eメール(再)

メール配信解除
ご登録のメールアドレスを入力し、解除ボタンを押してください
登録メールアドレス


【 最新記事 】

2014年8月29日配信投資案件例 4万5,000ドルの鉄板案件

《この案件は、ご案内後1時間で、締め切りました。次回以降、またよろしくお願いします。すでに打ち合わせやブリーフィングを受けている投資家様が、レスポンスタイムがお早いです。よろしければ、電話やスカイプでの打ち合わせなど、随時、お申し込みください。1時間程度のご説明などは、随時行っています。また、視察旅行やセミナーなどにご参加いただける投資家様が、どうしても優先になりますので、随時のセミナーへのご参加もぜひご検討ください。》


今朝、来た案件です。

10万7,000ドルの鑑定書がある物件に対し、4万5,000ドルの融資依頼。向こうは、登記可能な名義返上書を差し入れします。<ライセンスのある現地パートナーが保管>貸し倒れ不安ほぼゼロなのに、申告前ネットリターンは、9.94%と、10%近い優良案件。

steadman.jpg


メールマガジンでも、ご紹介しました。メルマガご登録は、こちらから。

場所は、デトロイト隣接都市、ディアボーン市です。

  つづきを読む > 2014年8月29日配信投資案件例 4万5,000ドルの鉄板案件

自分の物件の電気代を払うにも、VPNが必要になりました、、、

中国居住歴3年の対米不動産投資家の中山道子です。この夏は、2ヶ月、米国で仕事をしながら過ごし、昨日、中国に帰ってきました。

アジアでは、おされなノマッド・ワーカーは、スターバックスに行くのかもしれませんが、実利主義の私自身は、米国にいるときには、もっと好きなワークステーションがあります。それは、、、

PUBLIC LIBIRARY

です。

IMG_6775_R_R.JPG
シカゴ近郊の公共図書館の設備の一部。通常、朝9時から夜9時まで開いていて、WIFIは無料、プリントアウトは、1枚10セント、デジタルスキャンは、無料でした。

  つづきを読む > 自分の物件の電気代を払うにも、VPNが必要になりました、、、

デトロイトの田園調布でフィックスアップ! 米国不動産投資編

こんにちは。2014年8月15日現在、シカゴのホテルで、この記事を書いています。13日から、投資家様を迎え、デトロイトで3泊、シカゴで1泊の視察旅行を開催させていただいております。


おかげさまで、毎回開催してきたこの旅行も、現地側のかたがたのご協力のおかげで、2014年の今年、スムーズに、エンジョイできております。今回、2度目の参加者様もおいで。この参加者様は、旅行もお好きで、世界各地を飛び回られ、不動産も、国内でく成功されておいで。私ごときには、「手ごわいお相手」ですが、「今回も、参加してよかった!学ぶところ大」といって頂き、初回の方にお褒めいただく以上に、私も、感謝感激です。


デトロイトでも、毎年のことながら、新味を持って、展開できております。今回、圧巻だったのは、高級住宅地、グロースポイント(GROSSE POINTE)で、見た、フィックスアップ案件。

圧巻、、、
IMG_6597_R.JPG


  つづきを読む > デトロイトの田園調布でフィックスアップ! 米国不動産投資編

デトロイト近辺で、浸水問題が! 2014年8月

2014年夏、米国で2ヶ月を過ごしている中山道子です。昨日から、投資家様をご案内しての視察旅行が始まりました。おかげさまで、私たち自身は、大変楽しく、旅行をスタートしております。

しかし、実は、米国在住の方は、2014年8月上旬のこの時期、デトロイト周辺で大雨の結果、市内外で、交通や家屋に重大な被害が生じていることを、ご存知だと思います。

日本やそれ以外のエリア在住の方には、ダメージのイメージがわかりにくいかもしれませんが、基幹道路が、ブロックされたり、知り合いの大半の地下室が浸水被害が生じたりと、大事になっています。

1detrain.jpg

  つづきを読む > デトロイト近辺で、浸水問題が! 2014年8月

2014年7月告知 デトロイトで賃貸用の投資物件を購入しようと検討されている方へ

2014年7月段階の告知です。

デトロイト市内で、「投資用の数百万の賃貸物件を買ったが、困っている」というお問い合わせが、大変多くなっております。

私自身は、国際的な投資家が大量に流入し、「市内は、借り手市場に転換した」との認識から、この3年間、まったくデトロイト市内で、投資物件ご購入をお勧めしていません。貸し手市場になってしまうと、テナントの審査が、機能しなくなるわけです。

近隣市で、コミュニティがまったく違うところもありますし、デトロイト市内でも、うまくできている例や地区はありますが、相談内容から、安い物件を買い、困っている方が、複数おいでになるとの印象を得ています。

デトロイト市内では、「修理をせず、荒れた家をホールディングし続けているオーナー」には、最大1万ドルの罰金が課されるシステムが導入されました。2014年以降、デトロイト市内で、物件をホールディングしていて、修理をせず、放置していると、訴えられることになります。

このようなデトロイトランドバンクオーソリティ《市内の荒廃と戦うための行政法人》の試みについては、しばらく前になりますが、下の報道を、ご覧ください。

DETROIT LAND BANK AUTHORITY


夏は住居をエクスチェンジ! 中国で、マンションを、夏、又貸しして米国で過ごす 2

2014年の夏、米国滞在中の「中国在住の対米不動産投資家・中山道子」です。前回の記事では、「中国のマンションを、2ヶ月の間、どうするか」という話をしました。(こちらから

不動産投資というより、単なる雑談のこの記事、二回目の今回は、米国滞在先の話です。

昔住んでいた家は持ってますが、場所も違うし、賃貸中。ということで、別荘を持つ身分でもなく、私は、もっぱら、AIRBNBです。

今、日本の大家さん関係者の中でも、AIRBNBの認知度が上がり始めました。貸し出し経験を経て、セミナーなどやられている方もいるようです。私も何度も取り上げたことがありますが、

普通の方が、自宅(の一部)を、ホストとして提供し、AIRBNBが、クレジットカード課金してくれる

短期賃貸システムです。素人がやるのがベースで、年に1度だけ、貸し出ししてもOKですし、常時、アルバイト稼ぎに行ってもOK。日本で調べると、シェアハウスやドミトリーなどを経営している大家・業者さんの活躍が目立ちますが、一般には、本当に、自宅を貸す方のほうが、多い印象です。

  つづきを読む > 夏は住居をエクスチェンジ! 中国で、マンションを、夏、又貸しして米国で過ごす 2

夏は住居をエクスチェンジ! 中国で、マンションを、夏、又貸しして米国で過ごす 1

中国在住の対米不動産投資家中山道子です。この2014年の夏は、子供の夏休み期間中、米国滞在中です。私は、仕事をし、子供は、米国のキャンプ漬け生活です。

今,中国で、居住している都市は、普段は、乾燥していてすごくすごしやすいのですが(肌に悪いほどではないです)、夏の3ヶ月だけが、日本並みに湿気が出るので、2ヶ月の間、里帰りする知り合いのかたがたは、皆さん、「換気してもらわないと、かびるわよ」とおっしゃいます。

そのため、私は、実は、夏は、SUBLET(又貸し)しています。


1qinmy.jpg中国の我が家のリビング

  つづきを読む > 夏は住居をエクスチェンジ! 中国で、マンションを、夏、又貸しして米国で過ごす 1

有料メニュー 【50分電話会議】

中山道子のサービス一覧については、こちらのリンクを、まず、ご確認ください。


■■■


私は、普段、セミナー活動や視察旅行などを、定期的に行っていますが、「それに出ることができない」「日程が合わない」「今、自分にとって有益なやり取りがしたい」といった方は、50分単位で、単発的に、このメニューをご利用ください。

経験ある先輩投資家に、相談しておけばよかった、、、後悔された方、うまくいった方の例を、下にいくつか、掲載します。

例1 自分の状況に照らし、どんなタイプの物件を購入するべきか
例2 購入方法でしくじり、失敗が増幅してしまったセミナー参加者Y様の後悔

  つづきを読む > 有料メニュー 【50分電話会議】

米国に行く私たち、米国から中国に来る方たち

中国在住の中山道子です。

今日、「夏の間の我が家のマンションの借り手」が、決まりました!2014年は、7月6日に、米国向けに出発し、中国への帰国は、8月24日です。その間、借りているマンションを「又貸しする(SUBLET)」というお話です。


IMG_5602%20%28480x640%29.jpg
私の寝室です。キングベッドは、家主さんが買ってくれたもので、大変助かっています。仮の住まいという意識があるので、出来るだけ物を買わないようにしており、買うものは、すべて、捨てていく覚悟です。

  つづきを読む > 米国に行く私たち、米国から中国に来る方たち

あなたにとっては、値上がりや物件ホールディングだけが投資戦略ですか? 

こんにちは。

中山道子です。

この前、お知り合いの方が、米国転勤を終え、ご自宅を売却されました。SNSに、一般公開設定で、そのことをお話されているので、物件所在地などはすべて割愛の上、多少、援用しても、問題ないかと思います。

  つづきを読む > あなたにとっては、値上がりや物件ホールディングだけが投資戦略ですか? 

米国一流大学の学費値上がり率は、年率4.8%!

こんにちは。中山道子です。

知り合いのアメリカ人のお嬢さんが、高校を卒業し、去年、スミス・カレッジにご入学。スミスは、いわゆるセブン・シスターズに数えられる名門女子大です。【アイビーリーグが昔、女子禁制だったとき、対抗してできた歴史ある有名女子大学のことをいう】

なんとフェミニズム運動の歴史的指導者、グロリア・スタイネムもスミス出身。このお嬢さんも、フェミニストでありたいからということで、いまどき、「ふぇみにずむ」は、DIRTY WORD【かっこ悪いイメージ】なのかと思っていたおばさんは、びっくりです。


  つづきを読む > 米国一流大学の学費値上がり率は、年率4.8%!

家賃の受け取り方法 BANK BY MAIL、ACHとは何か

中山様

初めまして、アメリカ不動産投資に興味がありこちらに辿り着きました。

アメリカ不動産投資については自分なりに勉強しているのですが、まだ何も行動を起こしていない初心者です。

基本的な質問がありますのでよろしくお願い致します。

  つづきを読む > 家賃の受け取り方法 BANK BY MAIL、ACHとは何か

スカイプセミナー予備編 投資家マインド、投資家のライフスタイルとは?

こんにちは。中国在住対米不動産投資家・中山道子です。
今日、「7・8月スカイプセミナー」9人目のお申し込みがあり、無事、お申し込みを締め切らせていただきました!

すでに、ニュースレターで、資料はご提供し始めているのですが、ライブセミナーが始まるのは、7月になってからです。しかし、今日は、始動の意味もあり、ご挨拶として、予備的な音声ダウンロード教材(というほどではありませんが)をご案内してみました!

ご参考までに、「教材」を、一部、一般公開します。

  つづきを読む > スカイプセミナー予備編 投資家マインド、投資家のライフスタイルとは?

年収350万で、220万を貯金する方法 エクスパット編

今月、最低7軒の決済を控え、ちょっと息抜きしたい気分の中国在住・米国不動産投資家中山道子です。

実は、仲良くしているアメリカ人一家が、今年、米国に、帰国します。上の子が、今年から小学校で、教育問題が一番のきっかけのよう。

この夫婦、教育熱心で、実際、自分たち自身、めちゃめちゃ頭はいいのに、友人ながら、ぶっちゃけ、ファイナンシャルリテラシーが低いような気が。。。

  つづきを読む > 年収350万で、220万を貯金する方法 エクスパット編

2014年6月3日メルマガご案内案件について

2014年6月3日昨日お出ししたメルマガ【自己配信分】への大反響に、まだ、対応に追われております。おかげさまで、メルマガ配信直後に、それ以前から、ご相談を頂戴し始めていた投資希望者様に、お願いすることで締め切らせていただきました。

案件の具体的なパッケージも、今回、この段階で、ご案内ご容赦させていただくこととなりましたが、お礼とお詫びかたがた、こちらで、ご報告です。

  つづきを読む > 2014年6月3日メルマガご案内案件について

2014年対米不動産視察旅行

《7月18日更新》

2014年の対米不動産投資視察旅行の日程がほぼ決まりましたので、ご案内します。ご関心の向きは、下のメーリングリストに、サインアップをよろしくお願いします。一般向けのメルマガより頻繁に、細かい状況をご報告していきます。

*この掲載は、バグのため、全面再掲載となりました。記憶と記録に基づき、行っていますが、「以前と異なっている」等のご指摘がありましたら、ご連絡ください。不都合にお詫びします。

  つづきを読む > 2014年対米不動産視察旅行

個人の旅行予約は、、、 AIRBNBで決まり!

中国在住の米国不動産投資家中山道子です。子供の学校の夏休みにあわせ、米国滞在の予定を組んでいます。皆様も、ご同様でしょうか。我が家の場合、毎回長期滞在なのと、私の仕事の都合と子供の行き先の都合で決めるので、私は、安いホテルより、断然、コストパフォーマンスのいいAIRBNB派です。


AIRBNBのウエブサイトはこちらから。

  つづきを読む > 個人の旅行予約は、、、 AIRBNBで決まり!

Land contract とは何か

こんにちわ。中山道子です。米国には、いろいろな投資方法があり、それが魅力のひとつ。正規の銀行融資がなかなかでない場合は、クリエイティブ・ファイナンシングという話になります。そもそも、creative financing ってなんだろうと思われる方が一般的でしょう。

  つづきを読む > Land contract とは何か

アメリカの不動産投資教材が教える一部の手法には、こんなに危険がある

前にも少し書いたことがありますが、アメリカの不動産投資グルーのところで指南すると、「お金がなくても、大丈夫」と言われます。

そして、高度なテクニックを教えてくれるのですが、、、

  つづきを読む > アメリカの不動産投資教材が教える一部の手法には、こんなに危険がある

最近、アメリカからの売込みが、、、リッチ・ダッドの2014年

{【2014年5月22日追記:この記事はもともと、2009年に書きました。後半に、「2014年分」j補足をしてあります。その後のフォローアップはされていませんので、その後の展開については、また、別途、お調べください。】

おかげさまで、ブログも、ネット上で、いろいろ、見ていただいているらしく、それは、ありがたいのですが、「アメリカ在住の日本人による営業」というカテゴリーの連絡が増えています、、、汗

  つづきを読む > 最近、アメリカからの売込みが、、、リッチ・ダッドの2014年

2014年7・8月対米不動産投資家スカイプセミナー

************☆2014年6月17日、締め切りしました*******************

* この記事は、定例バックアップの時期の後に、一度、文字化けし、2014年5月30日に、再度、全面書き直しをする必要がありました。資料と記憶を前提にしておりますが、もし、「ここが当初のオファーと違っていて困る」というご指摘がありましたら、ご連絡ください。現在原因追求中です。不都合を心よりお詫びします。

*********************************************************


2014年7・8月スカイプ・グループ・コールによる投資家育成短期プログラムのご案内です。

目標は、「短期間のうちに、米国不動産投資の概要を、”森”と”木”両方の観点から評価する能力を培うこと」。英語が堪能な方は、より多くを得られると思いますが、「日系レアルターさんに、ハワイの別荘を買って管理してもらい、時々賃貸しようと思っている」といった方にも、「エントリー」から「管理」、「エグジット」の流れを、適切に位置づけていただけるようになると思います。弁護士、CPAもコンサルとして参加してくれます。


  つづきを読む > 2014年7・8月対米不動産投資家スカイプセミナー

経済の発展が、必ずしも、不動産市場の発展につながらないわけ ノース・ダコタ編

2014年5月11日のこの前、セミナーをやっていたとき、受講者様から、こんなコメントが届きました。


++++++++

アメリカ物件を買い進めており、シェールガス、オイル関係で、テキサス、ノースダコタに次行ってみたいです

++++++++

  つづきを読む > 経済の発展が、必ずしも、不動産市場の発展につながらないわけ ノース・ダコタ編

2014年5月16日緊急アンケート 夏の対米不動産投資視察旅行の開催時期 

この1週間で企画します。よろしければ、匿名のアンケートにお答えくださいm_m


セミナーからの質疑応答の例ご紹介

2014年5月のセミナー参加者様からは、いくつものご質問を頂き、私も、グループメールを使い、皆様に、応答をフィードバックさせていただきました。下は、そのやり取りから。〔このサイトはブログ形式をとっておりますので、日時にお気をつけください。具体的なエリアを想定されている方は、独自にリサーチをされる必要があります。〕


◇◇◇

個人として購入する場合にどれくらいの融資が
得られるのか(物件価格1,000万円前後を購入すると
想定した場合)、利率はどれくらいなのか

◇◇◇

  つづきを読む > セミナーからの質疑応答の例ご紹介

日本人は、将来を読む能力を失ってしまったのか?

対米不動産投資家の中山道子です。2002年から自分自身の投資に着手し、このブログは、2007年からやっています。今日は、アメリカ不動産の話ではありません。実は、こういう雑談トークも、逆に、皆さんに人気なので、今回も、脱線話です。


今日は、オンラインで、ジャーナリストの山田順さんという方が書いた「リトルトーキョー、コリアンタウンへと鞍替え」という記事を読みました。

コリアンに占拠されるリトルトーキョー。日本は復権できないのか?

  つづきを読む > 日本人は、将来を読む能力を失ってしまったのか?

中山道子に連絡する

※お問い合わせの前に、  で、探してみてください。

※念のため、 「 よくある質問 」 も、ご覧ください。
※複雑なご相談の場合は、お電話番号をご併記ください。
※ときどき、メールアドレスの入力間違いが見受けられます。
※2-3日しても返信がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせ願います。
※ご相談の内容によっては、 「 お返事できないこと 」 もございます。ご理解ください。
※ご相談に対するお返事や、論評を、匿名の実例ケースとしてブログで取り上げる場合がございます。

メール送信先: メールアドレス

  > メールフォームは、こちら



当サイトへのリンクについて

当サイトは、リンクフリーです。サイト内の各ページに、自由にリンクして頂けます。
ただし、著作権は、すべて「中山道子」に帰属します。
よって、引用される場合には、「リンクの掲載」が必須条件となります。




このページの▲TOPへ戻る

mag1/2/3